2021年02月23日

きりん組さんと園庭に植樹

そよ風にゆらゆら揺れて小葉の涼しげなシマトネリコと
香り豊かなキンモクセイを植えました。
DSC09279.JPG
スコップで穴を掘りそこに栄養いっぱいの腐葉土を入れました。
DSC09278.JPG

土の感触にふれ、ふわふわする土に植樹。
DSC09277.JPG
みんな本当にいい仕事をしてくれます。
DSC09273.JPG
自然を感じる園庭にしたい願いから植樹。
DSC09274.JPG
自然と触れ合える時間を大切にしたいのでみんなで植樹
DSC09268.JPG
園庭には桜の木や藤棚、園舎エントランスにはレモンの木やモミジの木、
裏庭にはミカンの木、借りている畑に行くと
DSC09266.JPG
ゆずの木やイチジクの木、柿の木、琵琶の木等
いろいろな違った木があります。
DSC09267.JPG
子どもたちもだんだんと木の違いに気がついていきます。
桜の木には夏には蝉がきます。もちろん悪い虫も来ます。
そしてキツツキや珍しい鳥もきます。
DSC09285.JPG
レモンやミカンの木には青虫がうまれ
アゲハ蝶がたくさん飛びます。
DSC09270.JPG
暖かくなったのでビオトープの周りのもみじの木には、
今日はカエルもないていました。
トカゲもヤモリもいます。
DSC09271.JPG
豊かな自然の中で子どもたちが遊ぶことは
五感を刺激していいことだらけです。
園庭の桜の木は私たちが生まれる前からある木
もう百歳以上。ずっと私たちを見守ってくれています。
DSC09276.JPG
藤棚も何度も病気になりましたが
治療して毎年花を咲かせてくれています。
大切に育てていくことを子どもたちが感じてくれるといいですね〜
寒さに少し弱いので心配ですが
すくすくと丈夫に育っていってほしいなあ〜
DSC09267.JPG
いつか自分たちが植えた木を覚えていてくれたらいいな〜
DSC09283.JPG

posted by 境川保育園 at 00:56| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。